SI2016に参加しました

12月15〜17日に札幌で行われた、第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会に参加しました。 本研究室からは学部3年の平間君と上田が発表を行いました。また、林原研究室・王研究室・株式会社アールティの皆様との共著で5件の発表がありました。計7件の予稿のリストはこちらです。 尚、発表会場は撮影禁止だったので、カバーの写真はエビにしました。

NPO法人CANVASにてロボットの工作教室を行いました

2016年12月4日(日曜日)、NPO法人CANVASさんにて、小・中学生を対象に「電子工作で光で動くロボットをつくろう!」というイベントを行いました。本研究室からは上田と3年の大川さん、そして林原研のジョシュアさんが講師・チューターとして参加しました。 最初に上田から「生物とロボットの共通点」というテーマで話をして、その後、タミヤの壁伝いネズミの上にブレッドボードを乗せ、光に応じて挙動を変えるロボットを作りました。 午後2時ごろから初めて5時ちょっと過ぎまでかかりましたが、小3から中2までの15人が、光に応じてロボットが止まったり動いたりすることを確認できました。片輪しか動かなかった子もいましたが、今度は原理から理解して、落ち着いて挑戦してくれたらと思っています。ロボットの作り方はここのページのリンクにあります。 今後も上田研究室では、ただ作るだけでなく、人間や動物やロボットなど、実空間で動くものについて考えるきっかけとなるような講習会やイベントを企画していく予定です。

日経Linux2016年12月号

本研究室の平間君が特別企画「ロボットアームでから揚げを盛り付ける」を日経Linux2016年12月号に寄稿しました。TensorFlowの簡単な操作と応用例としての画像処理について解説しています。

RoboCup 2016

林原研、藤江研の皆さんとRoboCup2016に参加してきました。結成8か月で中の下の14位(/21チーム)という成績を残しました。他のチームが苦戦する中、ナビゲーション系のタスクでスコアを出すことができました。 We Have Finished 14th in RoboCup2016

唐揚げロボットのお手伝い(some contributions for “the karaage robot”)

(トップページのカバー写真はアールティ社さんからのご厚意で使用) アールティ社様が唐揚げの盛り付けロボットのデモをTensorFlow勉強会で行いました。アールティ社のバイトであり当研究室所属の学生でもある平間さんがTensorFlowを使った画像処理を担当しました。 TensorFlow勉強会(4)で使用した発表スライドです。#dltfbhttps://t.co/0zt3w89oiH https://t.co/CqWXbAf80s — Y.Nakagawa (@ykknkgw) 2016年6月22日 詳細・ムービーはこちら。 私(上田)は家庭の事情で現地には行きませんでしたが、安定して動作したそうです。今後も研究室ぐるみで実験を重ねていく予定です。